ホーム > コラム

コラム

コラムをカテゴリー別にご覧になる際は、下記のご覧になりたいカテゴリー名をクリックされてください。


インタビューを受けて

先日、あるウェブ上の企画でインタビューを受けました。

続きを読む ≫
短い言葉で、伝えることは難しいですね…

質問① ここの治療院はどのような治療ですか?


私の鍼治療では、首から骨盤まで、背骨や骨盤の周りを重視します。

この場所に硬さなどの異常が現れると、各臓器に関連するツボが現れます。その現れたツボに鍼をすると、例えば、胸椎5番付近に現れるツボは心臓を癒し、腰椎2番付近に現れるツボなら腎臓を癒すとなります。

また、硬さなどの異常は、滞りとなり、本来の血液や気の流れが阻害され、全身の症状にもつながります。

鍼治療では、その滞りを解消することで、主に以下が可能となります。
①各臓器の働きが高まる。
②免疫力が上がる。
③自律神経を活性化させる効果によって、体の様々な調節機能が高まる。

質問② どうして鍼灸師になろうと思ったのですか?


インタビューを受けて自身が十代から二十歳という若い時期に、海外での生活やスポーツによって体を壊し、一般の医療は一通り巡るも見放され、東洋医学に目を向け、最終的には鍼治療に辿りついた経験があります。

私自身も治療家の先生方に支えられ、きっかけをいただきながら、自分の体と心を省みて、絶望的な毎日から一歩ずつ快方に向かいました。

自分が経験したことを母が癌を患った時に、少しでも傍で役立てたらという想いがあり、母の最期に寄り添いました。このような経験により、その後、鍼灸師を目指し、現在に至っています。

質問③ どうして、開院しようと考えたのですか?


私は現在の個人の治療院を開院する前は、往診や数人の鍼灸師で共有する鍼灸院に所属していました。

その過程を経て、その後、より丁寧に患者さんお一人ずつの治療にあたらせていただくには、地に足をつけた私個人の治療院を開院することが必要となりました。

大規模に展開していく治療院ではなく、丁寧に患者さんに向き合える継続可能な治療院を目指して、地道に「鍼の道」に励んでいきたいと考えています。

質問④ 今はどんな想いで、治療されているのですか?


鍼は物理的にも強力な治療法でありますが、なにか目に見えないものと対話するような、そのように技術的にも難しいものです。また、結果を求める患者さんに対応して、患者さんのお役に立てるということは、簡単なことではありません。

東洋医学では「人体は小宇宙である」といわれることからも、日々、自分の非力さを感じながらも、患者さんが快方に向かい、人生を切り開いていくことに、微力ながらも貢献することができたらという想いで鍼治療に取り組んでいます。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

鍼をすると、どうなる?

鍼治療について、端的に説明するならば、を考えてみました。
続きを読む ≫
鍼治療をすると…

鍼治療の効果など詳細については下記をご覧ください。

鍼 神尾ホームページ 鍼はなぜ効くのか?
http://harikanwo.com/chiryou_naze.html

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

患者さんの不安 ~初診時に大切なこと~

先日、当院にお電話でお問い合わせがありました。初めてお電話をいただいた方でした。

続きを読む ≫
腰椎椎間板ヘルニアで、それほどの激痛ではないものの、腰に痛みがある方でした。この方は、この電話の前日に他の鍼灸院で治療を受けられたとのことでした。にもかかわらず、

「鍼 神尾では私のような場合、どのような治療をされるのですか?」

とお問い合わせをいただきました。

前日に受けた治療院では、痛みの強い患部に直接、鍼や灸をするのではなく、患部の周辺から治療していくようなやり方だったとのことでした。一応、その治療院で次回の予約を1週間後に入れているが、同時期に鍼 神尾でも治療を受けてもいいものか、といったことを仰っていました。

私がどのような治療をするのかに対しては、

「腰痛にまつわる病名には、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など様々なものがありますが、腰椎4・5番や骨盤の中央にある仙骨の深部の硬さが原因となっていることがほとんどであることから、当院ではその硬さを鍼によって緩めることを最も重要視いたします。」

と答えました。

言い換えれば、腰椎4・5番や骨盤の中央にある仙骨の深部の硬さがより深刻になると、それがその患者さんによって、ある方は椎間板に負担がかかり腰椎椎間板ヘルニアとなり、脊柱管を圧迫する形になっていけば、脊柱管狭窄症となる、といったように、根っこは同じでも、その患者さんの体の状態、体の使い方、体の癖によって、病名が異なってくるように思えます。

患者さんの不安この腰椎4・5番や骨盤の中央にある仙骨の深部の硬さというのは、背骨と骨盤のつなぎ目であり、ここは人間が2本足で立った時点で最も負荷がかかる所であり、強力な靭帯や筋肉で支えてはいるものの、負担に耐え切れなくなると、ある意味、痛みなどの黄色信号を体が発し、これ以上、無理させないよう、また、休息させるように体が反応するのだと思うのです。痛み、しびれ、麻痺といった症状は、状態が悪化すればするほど、痛みは腰部よりも下へ、臀部の奥や太ももの裏、アキレス腱や足の甲にまで下がっていく傾向があります。

休息をとれば治るのであれば問題ありませんが、悪化すると自力では元に戻れない状態になり、そのような状態では治療が必要となります。いわば、鍼治療は自力で元に戻れるようになれるように体を助ける治療法に思えます。

それと、この患者さんは

「同時期に複数個所で鍼灸治療を受けてもいいのか?」

といったことも仰っていましたが、それに対しては、私としては、避けたほうがいいと伝えました。前日に受けた鍼灸院の治療方法、治療の考え方、治療計画といったものが私には全くわかりませんし、あれこれ手を出して中途半端に治療に取り組むのは良いことはないように思えます。前日にその鍼灸院で治療を受けたということは、その鍼灸院、鍼灸師とご縁があったということだと思いますし、この患者さんはご自分の判断で鍼灸院を選択されたのですから、それにきっと意味があるのだと思います。何度か通院されて、治療の効果が感じられず、いろいろな意味で、ご自身が納得して治療に取り組めないようでしたら、当院に足を運んでいただけたらと伝えました。

最後に、この患者さんですが、前日に他の鍼灸院で治療を受けたにもかかわらず、治療を受けた翌日に私の所に電話をしてきた心境を察すると、前日に受けた鍼灸院では、その日に行った治療に関する説明や、鍼灸師が感じた患者さんのお体の印象、今後どうやって治療して、どういった状態を目指すのか、患者さんが抱える疑問に答える、といったやり取りが不十分であったことで、この患者さんはいろいろなことがトータルで納得いかず、今後に関して不安になってしまったのではないでしょうか。

「今のところ、劇的な効果も感じてないし、今後の治療計画のことも説明がよくわからなかったし…でも、まだ一回受けただけだしなぁ…次回の予約はしているけれど、今後もこの鍼灸院で治療を続けていっても大丈夫なのだろうか?そうだ、ネットで調べてみよう…なんか「鍼 神尾」なんて所があるぞ…ちょっと電話して聞いてみようかな…」

これは私の勝手な想像ですが、このような心境だったのではないでしょうか。

鍼灸師は治療において、とにかく患者さんのお体が良くなるために全力で最善を尽くすことが第一だと思います。その上で、患者さんの不安を取り除けるように、説明すべきことはしっかりと伝えることで患者さんに納得していただくことが、患者さんの不安を取り除き、ご自身が意欲的に治療に取り組めることにつながるのではないでしょうか。

なかなか簡単なことではありませんが、大切なことだと思います。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

鍼灸治療ってどこの治療院で受けても一緒?

鍼灸治療には、色々なやり方があり、流派やグループがたくさんあります。

続きを読む ≫
経絡というツボの並びを重視して、その流れを通すように鍼や灸をする方法。この症状には、このツボという風にツボを使っていくやり方。ツボには特にこだわらず、筋肉や神経に対して鍼や灸をする方法。そのそれぞれのやり方が混ざり合っているようなものもあるように思え、挙げればきりがないかもしれません。

このようなやり方の違いは、登山に例えると、みんな同じ頂上を目指しているけれど、その登るルートや装備などの違いとでもいえるのではないでしょうか。目指す頂上というのは、その患者さんの本来持ち合わせる自然に治ろうとする力を発揮できる体内環境を整えることであると、私個人としては、そう思っています。その整え方に色々な方法があるといえると思います。

鍼灸治療ってどこの治療院で受けても一緒それぞれの流派やグループの治療方法が違っているのは、はっきりしていることなのですが、では、同じ流派ならば、異なる鍼灸師でも治療自体は同じといえるのでしょうか?私個人としては、同じ流派でも鍼灸師個人の技術、経験によって、大きく異なると思います。また、その技術にしても、鍼灸師個人の物事に対する考え方や物事に取り組む姿勢、価値観といったものが土台となって、長い時間をかけて経験を積み重ねていく過程で形作られていくものだと思います。

私の鍼の師匠から最初に指導していただいたことは、単なる鍼の打ち方といったことではなく、

「鍼は心でするもの」

ということでした。

「心が鍼治療に伴っていれば、技術は後からいくらでもついてくる」

「患者さんを想って、早く良くなってもらいたい、と願う心を持って治療に取り組み続ければ、その内、良い鍼が打てるようになる」

という指導でした。

これは、やり方がどうこうといった理屈ではなく、もっと根本的な話であり、実際の治療で患者さんを前にして、こういう理論で、こう鍼をすればいい、ああ鍼をすればいいといった頭でごちゃごちゃと考えているガラクタは役に立たないということに思えます。

私の場合、雑念まみれの頭の中ですが、シンプルに原点に常に帰ることが必要だと思っています。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

患者さん統計 ~男女比、年代別などのデータ~

去年1年間の当院にご来院いただいた患者さんの男女比、年代別、初診率、地域別をまとめました。

続きを読む ≫
これから鍼治療を受けてみようという方に、参考にしていただけたらと思いました。去年、当院で受診された患者さん像をイメージしていただけるかもしれません。

男女比

以前はもっと女性の患者さんの割合が多かった印象がありました。女性のほうがより自然な療法に対して意識が高く、鍼治療に対して怖いといったイメージが少ないように思えます。男性でも、受ける前は怖がっていても、実際に鍼治療を受けると、いびきをかいて熟睡されている方もいらっしゃいます。

患者さん統計男女比

年代別

20~40歳代で8割を占める、ということを考えると、年齢に関係なく体調の不調はあるといえると思いますし、もしかすると若い世代のほうが環境の汚染や食品の質の低下、薬品の乱用など、体調を狂わす要因に曝されているのかもしれません。

もう一点は、当院を見つけていただく手段として、インターネット経由であることが多いということも若い世代の方が多い原因に考えられるかと思います。

患者さん統計年代別

都道府県別

東京は23区の患者さんがほとんどです。当院から交通機関を使っても片道30分以内の方が多いように思えますが、埼玉、千葉、神奈川から片道1時間以上かけて来院される患者さんもいらっしゃいます。遠方から来院される方は、他の鍼灸治療も含めて様々な療法を受けてきたが、いろいろな理由でうまくいかず、来院される方が多いように思えます。

患者さん統計都道府県別

鍼治療を受けるのは当院が初めての患者さんの割合

75%の方は、以前にも他の鍼灸治療を受けられたことがあるということですが、鍼灸は知っている人の中では知られていますが、一般には知られていないということがこのデータに現れているかもしれません。

私たち鍼灸師は、鍼灸治療を全く知らない方達に対して、どのように知っていただくか、といったことが課題となっています。

患者さん統計鍼治療を受けるのは当院が初めての割合


≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

鍼治療を受けた当日の過ごし方

鍼治療を受けた当日の過ごし方鍼治療を受けた当日に、基本的に絶対にしてはいけないことといったことはありません。

続きを読む ≫
ヘトヘトになるほどの運動、必要以上の長時間の入浴、深酒など、体力を消耗するようなことは避けるべきかと思いますが、無理のない範囲であれば構いません。

鍼治療を受けると、体内の浅いところ、深いところの滞りや硬さといったものが解消されますので、血行や気の流れが高まり、体中に栄養を運び、老廃物を回収し、心身のダメージを回復させます。

また、鍼がツボをとらえ、適度な刺激を与えることで、その刺激が神経系を伝わり脳に達します。すると、脳からの指令が脳内の器官や副腎などの臓器に伝わり、ホルモンなどの体を調節する物質が生成され、体を修復することにつながります。

このような変化が体内で起こることから、鍼治療を受けてから、ご自身の治癒力が活性化されます。ご自身の治癒力を最大限に生かすためにも、鍼治療を受けた後は余計なことに体力、気力は使わずに、体と心を休めていただくことをお勧めいたします。

患者さんのなかには、鍼治療を受けて、体が楽に感じて、いつも以上にがんばってしまう方がいらっしゃいます。気持ちとしてはわかりますが、鍼治療はエナジードリンクではありませんので、体を休めることを意識していただきたいです。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

虎の尾

虎の尾石坂流鍼術の創始者である石坂宗哲が残した文献である「鍼灸知要一言」に、鍼治療を行う者の姿勢はこうあるべきだ、ということの一つが以下のように書かれています。

続きを読む ≫
「鍼ヲ行フ者ノ心得ヲイマシメテ、深キ淵ニ臨ミ薄キ氷ヲ踏ミ、貴人ノ前ニ待坐シ、或ハ手ニ虎ノ尾ヲ握ルガ如シナド油断ナキ様ニイヘルナリ。万ノアヤマチハ皆油断ヨリ生ズト言フベシ。」

要約すると、

「鍼を行う者の心得として、深い淵の薄い氷を踏むように、貴人の前に座るように、あるいは、虎の尾を握るように、油断のない姿勢で挑みなさい。多くの過ちは、油断から生ずると心得るべき。」

ということになるかと思います。

これは、鍼灸師として治療に挑む姿勢のことでもあり、実際に患者さんに鍼をしている最中の心得のようです。

特に、「虎の尾を握るように」という表現は、鍼治療中の私の心境としても、凄く上手い表現だと思うのです。緊張感があり、集中力を高め、隙をつくらず、油断せず、次の瞬間に何が起きても反応できるような姿勢が治療中には必要に思えます。

先人の言葉を心に刻んで、上を目指して鍼治療に取り組んでいきたいです。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

体重増加と鍼

体重増加と鍼特に身体の状態の良くなった患者さんに言われることなのですが、最近、体重増加気味なので、鍼でなんとかならないか、と聞かれます。また、そう言われる患者さんのほとんどは女性です。

続きを読む ≫
大雑把ではありますが、健康的な状態とは、快眠、快食、快便できる状態に思えます。逆に言えば、どこか身体や精神に不調があると、快眠、快食、快便のいずれか、または複合的に変調が現われると言えます。

つまり、鍼灸の治療が必要な方というのは、この快眠、快食、快便がうまくいかない方であり、裏をかえせば、快眠、快食、快便ができる身体になることが治療の一つの目標とも言えます。

そのような身体作りができれば、多少の不調はご自分のチカラで、回復できると思えます。

体調の不調があって、鍼灸治療を始められた方が、最近、体重増加で…、ということは、以前より消化器系にチカラがついてきて食欲がでてきた、または以前は身体のバランスを欠いているために、栄養の吸収が充分できるチカラが不足していたのが、栄養をより吸収できる身体に変化してきたということが考えられ、喜ばしいことに思えます。

確かに、体重増加を異常ととらえるならば、ホルモン分泌異常、代謝異常、糖尿病、などが考えられ、私達治療者は注意深く、その患者さん個人個人の状態を診る必要はありますが、鍼灸治療を通して、身体の状態が上向きの方の場合、体重増加は良いサインに思えます。

特に女性の患者さんで、最近、体重増加で…、と仰る方のほとんどは、私からみれば、今までが痩せ過ぎであり、適正に近づきつつある、という印象です。なかなか女性にはご理解いただけないですが(笑)

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

はりは、金と咸

「はり治療」の「はり」は「鍼」という漢字を使います。「針」のほうは裁縫に使われる「はり」となります。

続きを読む ≫
先日、ある患者さんが、

「「鍼」という漢字は、「かねへん」に「咸」と書きますが、「咸」って感じるの「感」の上の部分ですよね!」

「鍼治療って、金属である鍼を感じるってことなんですかね!」

と、仰っていました。

私はこの患者さんは鋭い感性の持ち主だと思うばかりでなく、患者さんから気づかされることが多いとつくづく思うのです。

この患者さんは、毎回の治療の際に鍼を受ける感覚が、体の状態が悪かった治療を始めた頃は「響き」(響きに関してはこちら)が強烈に感じていたのが、治療が進み体が変化し、体の中の滞りが解消され循環が良くなるにつれて、鍼の響きの強烈さが薄れ、よりマイルドで心地良いものに変化してきたと仰います。

響きが心地良いものに感じられるようになるにつれ、抱えていた症状が改善・解消され、体全体の体調が良くなることがよくあります。これは多くの患者さんに起きていることであり、私自身も私の師匠の鍼を受けてきて、全く同感できます。

また、患者さんが感じる変化だけではなく、鍼師が鍼を介して、また手から伝わってくる感覚というものがあり、それも治療を進めていくにしたがって、常に変化します。

「咸」という漢字を調べると、

「咸は感ずることである。感情が心の中に動くこと。自分の心がけが正しく、それが相手に伝わり、喜んでこれに応じるときはその人と親しく交われる。」

とあります。

金属である鍼を通して、鍼師と患者さんの間で、相互に様々な変化を感じながら、患者さんの本来持つ治癒力を引き出すことが鍼治療の特徴であると思います。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

ミケランジェロ…

10年ほど前にバチカンを訪ね、サン・ピエトロ大聖堂の凛とした空間の中で、ミケランジェロ作「ピエタ」を見たときにその神々しさをただただ感じました。そんなこともあり、この逸話が心に響きました。

続きを読む ≫
ある人がミケランジェロに尋ねた
彼はイエスの像をつくっていた
「あなたの創作は偉大ですね」
彼が言うには、「私は何もしてやしません
イエスがこの大理石の塊に隠れていたのです
私はただ彼が解放されるのに手を貸したにすぎません
彼はすでにそこにいました
ただ少し余計な大理石が、必要以上のものがくっついていただけです
不必要なものがそこにありました
私はその不必要なものを切り落としました
私はただ彼を発見したにすぎません
創作したのではないのです」

この大理石の塊は捨てられていた
そこで彼はそれをもらっていった
そして、イエスの像の中でも最もすばらしいもののひとつがその塊からできたのだ
ミケランジェロは言った
「私がこの塊のそばを歩いていると、イエスが私を呼んだ
その塊の中に隠されて、彼は、
"ミケランジェロ、ここへ来て私を救い出しておくれ!"
と言ったのだ
そこで私はただ仕事をしたにすぎない」

私にはこの逸話が鍼灸治療にも通じるものがあるような気がしてなりません。

何か異物を外部から足したり、内部から取り出したり、治療者側が「治す」ということではなく、患者さんの中に秘められた治癒力、余計なものを省いた生命力、そういったものを引き出すことが鍼灸師の目指すことに感じています。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 鍼治療の説明

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.