ホーム > 鍼治療例

鍼治療例

私が今まで診させていただいた患者さんの症例をご紹介させていただいております。

患者さんがどのような症状で来院され、私がどのように患者さんの状態を見極め、どのような鍼治療をどのぐらいの期間、頻度で鍼治療を行ったのか、その結果、患者さんの最初の症状などがどう変化したのかをご紹介させていただいております。

ご自身の症状などと比べて、参考にしていただけたらと思います。


不妊症
性別 女性
年齢 40歳代
最も強い症状 不妊症
その他の症状 疲れやすい、立ちくらみがある、冷え性、低血圧症、胃がもたれる

初診時の症状、体質
2年前に第一子出産。出産時に過呼吸になり、意識不明となりました。その時に、病院で脳の検査を受け、異常はありませんでした。

今年3月に流産し、流産による手術を受けました。第二子の妊娠、出産を希望しています。

体質的には、冷え性、疲れやすさがあります。それに伴い、立ちくらみ、肩こり、眼精疲労あります。仕事のストレスで、腹痛がたまに起きます。

長男を抱えた時などに腰背痛があります。

血圧は、90/50mmHgです。

生理前に感情が不安定になり、鬱状態になることがあります。

続きを読む ≫
カテゴリー:不妊症

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.