ホーム > 鍼治療例

鍼治療例

私が今まで診させていただいた患者さんの症例をご紹介させていただいております。

患者さんがどのような症状で来院され、私がどのように患者さんの状態を見極め、どのような鍼治療をどのぐらいの期間、頻度で鍼治療を行ったのか、その結果、患者さんの最初の症状などがどう変化したのかをご紹介させていただいております。

ご自身の症状などと比べて、参考にしていただけたらと思います。


痛風
性別 男性
年齢 70歳代
最もお困りの症状 痛風
その他の症状 腰が重い、手関節痛、歩行時のつまずき、みぞおちが硬く感じる
初診時の症状、体質
3月10日から左足親指の付け根が痛み始め、病院で検査を受けた結果、親指の付け根の痛みは痛風が原因と診断される。痛みは1週間ほど続いたが、今日3月24日の時点では痛みはない。

検査では、下の検査結果のように、尿酸値、血糖値が高いという結果で、腎機能が低下していると医師から指摘された。

第1回 検査結果 2016年3月12日
痛風 第1回検査結果

※検査の結果はご本人の快諾を得て、この治療例ページに掲載させていただいております。

医師からは、薬の服用はまだ必要ないが、食事療法に取り組んでみて、4ヶ月後の次回の検査まで様子をみる、と言われた。

ご本人としては、次回の検査までの4ヶ月間で、アルコールの摂取を控えることと食事療法に加え、鍼治療でどこまで回復がみられるか、取り組みたいとの意向。

腰が痛むほどではないが、慢性的に重い感じがある。手関節が痛むことがテニスをした時にあるが、普段の生活では痛みはない。

歩行時に左足がつまずくことが多くなっている。

みぞおちが硬く感じることがある。

続きを読む ≫
カテゴリー:痛風

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.