ホーム > コラム

コラム

コラムをカテゴリー別にご覧になる際は、下記のご覧になりたいカテゴリー名をクリックされてください。


不妊症と鍼

不妊症最近の傾向かもしれませんが、不妊症を訴える患者さんが増えてきています。産婦人科で不妊治療を受けているが結果が出ない方はもちろんですが、別の体調の不調を理由に初めて来院される患者さんの中にも、実は不妊で悩んでいる方もいらっしゃいます。

続きを読む ≫
私の鍼治療の方法としては、不妊に対するポイントは2つです。

1つ目は、全体のバランスを整える全身治療です。具体的には、首~肩、背中~腰部、そして腹部に現われる異常を見つけ、体の浅い所や深い所の滞りを解消していくことで、気血の循環を高めることが大前提です。

2つ目は、生殖器と関連の深い骨盤の中央に位置する仙骨部の異常に対して鍼を打ち、主に硬さを緩めることです。

仙骨には仙骨孔と呼ばれる穴が開いており、そこを生殖器につながる神経や血管が通ることから、仙骨やその周辺に歪みがあるとその神経や血管が圧迫され生殖器の機能も低下します。

仙骨部が緩み滞りがとれてくると、特に下半身の気血の循環が高まり、不妊体質ともいえる体の冷えも解消できます。

また、仙腸関節、腰仙関節といった身体の土台となる重要な関節が仙骨を中心として存在しますので、仙骨周りを柔軟性の富んだ状態にしていくことは治療を進めていくにあたり大変重要なことであります。

患者さんの中には自然な形の妊娠はもとより、人工授精でも妊娠された方もいらっしゃいます。

不妊に対しての鍼治療は、ある意味、妊娠するかしないかといったかなりはっきりとした結果として現われますので、プレッシャーもありますが、結果が出たときの患者さんの喜ばれている姿にはこちらもただただ嬉しいかぎりです。

最後に、不妊の患者さんに気をつけていただきたいことがあります。

あくまで、ご自身で調べ、判断すべきことですが、ホルモンの分泌等に影響のあるとされる乳製品や食品添加物の摂取、合成洗剤に関してなど、疑わしいものからは距離をとるといったことも良い結果を得るためには必要なことなのかもしれません。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: 不妊症

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.