ホーム > 鍼治療例

鍼治療例

私が今まで診させていただいた患者さんの症例をご紹介させていただいております。

患者さんがどのような症状で来院され、私がどのように患者さんの状態を見極め、どのような鍼治療をどのぐらいの期間、頻度で鍼治療を行ったのか、その結果、患者さんの最初の症状などがどう変化したのかをご紹介させていただいております。

ご自身の症状などと比べて、参考にしていただけたらと思います。


腰椎椎間板ヘルニア
性別 男性
年齢 40歳代
最もお困りの症状 腰椎椎間板ヘルニア
その他の症状 眠りが浅い、下痢、冷え性、めまい、アドピー性皮膚炎、疲れやすい、肩こり、むくみ

初診時の症状、体質
小学5年生の時に腰椎を痛め、腰椎分離症と診断される。

20代に腰部椎間板ヘルニアと診断される。

2週間前に腰部に激痛が走り、立てなくなる。その後、今日まで休業し自宅で安静にしていた。

今日の症状としては、腰部の痛みは激痛ではないが、はっきりとあり、右臀部~右足の母指と示指の間にかけて、坐骨神経痛があり、恐る恐る歩くようで、長距離の歩行は困難。臀部~足へのしびれ、痛みは右に出る。

長時間、座ったままだと、右臀部~右足の指にかけて坐骨神経痛がはっきりと現われる。

去年の年末に首と腰に激しい痛みが現われ、立てなくなったことがあった。それ以来、骨盤と腰部が右へズレるような感覚がある時に、激しい痛みに襲われる。

眠りが浅く、夜中に目が覚めることが多い。便通は毎日あるが下痢傾向。手足が冷え、背中がゾクゾクすることもある。肩こり。めまいがあり、足のむくみがある。疲れやすさは感じる。

続きを読む ≫
カテゴリー:腰椎椎間板ヘルニア

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.