ホーム > コラム

コラム

コラムをカテゴリー別にご覧になる際は、下記のご覧になりたいカテゴリー名をクリックされてください。


パンストは「女性の敵」

ある患者さんはパンストをはかなきゃならない日は確実に体調が悪く、「女性の敵」だと仰います。

続きを読む ≫
ネット上に、パンストに関する記事を見つけました。
wantonのブログ
重要再掲 パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密
http://ameblo.jp/64152966/entry-11594710305.html

化学繊維製のパンストは、静電気を発し、体からマイナスイオンを奪い、それが体を酸化させ、冷え性、便秘、子宮がん、子宮筋腫といったことにつながる可能性が高いといっています。

パンストは特に腹部に悪影響があり、

腸の機能低下→便秘、免疫力低下、体温低下

子宮からマイナスイオンが奪われ、酸化→活性酸素が発生→子宮がん、子宮筋腫

となるつながりがあるという指摘を記事ではしています。

パンストは女性の敵私は男性なので、パンストではありませんが、タイツをはくと、圧迫感を感じ、長時間は、はいていたくないといった印象はあります。

パンストに限らず、化学繊維の衣服には、体には悪影響があるという話はよく聞きます。やはり化学繊維が静電気を発することは、どなたでも経験上、理解できることでありますが、その静電気が体にとって、電気的なバランスを崩させる原因になっているのだと思います。特にパンストは体に密着しますので、より悪影響があると考えられます。

確かに、綿などの自然素材の衣服のほうが精神的にも落ち着くように思えます。

パンストは「女性の敵」と仰っていた患者さんは、鋭い感覚の持ち主で感じ取り、パンストに対して、違和感というより、苦痛として感じるのだと思います。

この患者さん曰く、少々値段は高いけれど、絹のパンストはかなり快適だそうです。

≪ この記事を閉じる
カテゴリー: セルフケア

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.