ホーム > 鍼治療例

鍼治療例

私が今まで診させていただいた患者さんの症例をご紹介させていただいております。

患者さんがどのような症状で来院され、私がどのように患者さんの状態を見極め、どのような鍼治療をどのぐらいの期間、頻度で鍼治療を行ったのか、その結果、患者さんの最初の症状などがどう変化したのかをご紹介させていただいております。

ご自身の症状などと比べて、参考にしていただけたらと思います。


下痢
性別 男性
年齢 20歳代
最もお困りの症状 下痢
その他の症状 腰痛、目の疲れ、肩こり
初診時の症状、体質
腸の調子が悪く、下痢をすることが多い。便秘することはまずない。

元々、腸の調子を崩しやすかったが、2年前から職場のストレスが強く、下痢することが多くなった。

腰痛は以前からあり、腰の痛みには慣れてしまっていて、腰痛を解消することはあきらめている。

体は疲れやすく、だるさがある。肩こりや目の疲れを感じている。

続きを読む ≫
カテゴリー:下痢

診療日




火・水以外の祝日は診療日となります。

診療時間
月・木・金:10時半〜18時半
(最終診療開始時間:17時)
土・日:10時半〜19時半
(最終診療開始時間:18時)

ページトップへ戻る
Copyright © 2012- harikanwo.com. All rights reserved.