「自律神経失調症」治療例ページ更新

kokkaku10w200.jpg自律神経失調症は、症状として複数あったり、曖昧だったりし、また西洋医学では検査結果にはっきり現れないといったこともあり、治療の手立てがなかなかないといったことが現状ではないでしょうか。
自律神経失調症は、意思とは関係なく、体の様々な調節を自動的に行なってくれる機能が失調している状態ですので、侮ることはできません。
また、体の一部分が原因というより、体全体のバランスの欠如といったことが原因で、自律神経の働きが低下していることが多いという点でも、鍼治療の得意とする疾患の一つではないでしょうか。
治療例ページを更新いたしました。
タイトル: 自律神経失調症