鍼灸ボランティア@綾瀬

p1000006.jpg昨日、プロテスタント綾瀬東部教会にて行われている、東日本大震災で被災され現在、東京武道館に避難されている方々を対象とする鍼灸ボランティアに参加させていただきました。
鍼灸治療やマッサージを希望する方を教会の個室をお借りして、私は鍼灸治療を担当させていただきました。
ボランティアの鍼灸治療の場合、ほとんどの場合がその場での一回限りの施術となることが多く、一期一会というか、その一回にご縁を感じながらの治療となります。特に今回のような被災された方々ということで、会話にもかなり気を配りながら、失礼のないように様子をみながら、できるだけ


患者さんが話して楽になってもらえるように自分なりに対応できたらという想いでした。
p1000002.jpgどの方も、寝ることが問題で、板張りの床に柔道場で使う畳を敷き詰めて寝ているとのことですが、周りで人が歩いたりすると振動があってすぐに起こされ、いつも浅い眠りだと仰っていました。震災前なら布団で寝ることなど当たり前だったけれど、当たり前だったことが実は当たり前ではなかった気がする、と仰っていたことが印象的でした…
患者さんの中には鍼灸治療を今回、生まれて初めての方もいましたが、多くの方が体が楽になって、手足が温かくなって気分がいい、と言っていただくことができました。被災者の方々のように長期間、肉体的にも精神的にも危機的な状況の中に身をおき、過緊張状態にある場合においても、鍼灸治療によって体が緩み、リラックスできるように思えました。
p1000004.jpgこのボランティアに参加する前は、自分でお役に立てることがあるのだろうか、という想いがありましたが、微力ながら治療させていただき、喜んでいただけたことで、自分の毎日の鍼灸の道も厳しいものがありますが、鍼灸を続けてきてよかったと思えました。
今後もこの鍼灸ボランティアは4月中旬まで継続されるということになっていますので、被災者のみなさんでご希望の方は下記の時間帯に教会に来ていただくか、東京武道館の入口の外で鍼灸ボランティア関係者がいますので、声をかけていただけたらと思います。治療費は無料です。お待ちしております!
日程: 2011年3月23日(水)~4月中旬(仮)
※東京都の被災者への対応次第で、避難所の開放を延期する場合があります。その場合はボランティア期間を延長します。
時間: 午後13:00~20:00(仮)
場所: プロテスタント綾瀬東部教会
東京都足立区東綾瀬1丁目23-9
東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口徒歩5分